カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

島酒フェスタ終わる

さる4月13日・14日、那覇のツーカーセルラースタジアムで島酒フェスタが開催されました。

今年で第二回目。なんと初日で去年より明らかに来場者が増えたのが体感でき、朝10時から夜7時までの長時間の応対があっという間でした。
お陰様で売り上げは去年の3倍。徐々にですがうちの名前が浸透していっているような・・・。
それにしても弊社のブースは早くも遠方から一度工場見学に訪れている人の再来で立ち飲み屋の様相でした。一期一会、こんな方達のお陰で広まっているんだな〜感謝。来年もまた会いましょう!
最後にブースを手伝ってもらった泡盛ユーチューバー桃地もありがとう!

のれんが来た!〜津嘉山酒屋保存の会、完全に活動停止!

平成も終わりを迎えようとしている4月22日、解散した保存会が終了時の記念にのれんを作成して持ってきてくれた。

大好きな藍色、粋なデザイン、これから色んな人をお迎えする時、身が引き締まりそうです。
というのも、これが保存会最後の活動。
あとは津嘉山、沖縄のため、名護のため、ひいては泡盛業界のため思う存分頑張ってくれという想いの結晶です。
もう保存会にも頼れません。津嘉山さんと一緒にと言ってくる部外者にも頼れません。
おおやけに奉仕するという気概をもって独力で進んで参ります!
これをお読みになった津嘉山酒造所ファンの皆様、今後とも温かい目で見守ってください。
最後にもう一度、今まで保存会の皆様ありがとうございました!!
※写真−のれんが来ておどける工場長と元保存会員

おすすめYouTuber桃地

津嘉山酒造所公認ユーチューバー桃地、本日(3月16日)新たな動画をアップ!

YouTubeで“桃地”と入れてみよう!
“ももちチャンネル“なるものが現れる。内容は泡盛を若者ならではの視点で紹介しておりますので是非ご覧と応援よろしくお願いします。
ではなぜ弊社が応援するのか??
この娘(こ)、泡盛に魅せられ、その一点で私の同郷千葉から移住して来たという強者(つわもの)。多くのYouTuberが“宣伝してあげるから取材しに行っていいか?”というメールが来る中、電話で見学を実施!
その情熱をうかがうと工場長と私はすぐにメロメロ。以後お互い保護者として接するように。
去る泡盛の女王にも応募、最終選考まで行く快挙!(工場長、当日会場で応援)
勝手に第3の津嘉山社員に認定!
応援よろしく!


この工場の片隅で新成人考察

元日から無休で突っ走る杜氏は映画“この世界の片隅に”を2年前の正月に見に行って以来、“このせか教の信者になりました。

とにかく人生のエッセンスや大切なこともこの映画を通してすべて説明できるような深い作品で、三回も鑑賞したし、コトリンゴさんのライブも見に行った。
そして今日、名桜大学二十歳の女学生が泡盛と地域の関係をレポートにまとめるべくお越しくださった。
話はいつものように脱線し、「この映画を観ると人生に役立つよ」とか言って布教にいそしむと「はい!見てみます!そしてまた来ます!」だって。
素直・・監督の名前は片淵須直(すなお)。
一方その会話中にラインが!
“16日にやんばるアートフェスティバルでこのせかが上映予定”津嘉山女子大生社員からの連絡。
すっごいタイミング!こんな事ってある??
この子にも映画を推薦していたのだ。チェックしていてくれるなんて!
以降は仕事が手につかず上の空。感謝。
昨日来ていた二十歳のイケメンも建築施工士の勉強で見学。
カメラマンとして一緒に来たのがスナックを経営して育ててくれたお母さん。
帯同するのは恥ずかしい年ごろのはず?
イケメン「母さんは大好きです。」目の前で言う?でも沖縄の男の子でこのリアクションは多い。
現代の若者“恋愛早いが失われた20年のお陰でどの世代よりも物の見方がしっかりしている”と僕は思うので二日後の成人の日、どうぞ楽しんでくれと切に願う。
“人生死ぬときはすべて未完”と思っている僕。
できるだけ次の世代が過ごしやすい社会を作るのみ。

仕事始め

新年あけましておめでとうございます。

さて当方の正月は、なんと元日から蒸留や見学の受け入れをやっておりました。
菌相手だと年中無休に近いのだ。
新年最初のブログは仕事始めの小ネタをひとつ。
ドラマのよくある1シーンみたいだが、私「なんか新年一発目の見学者はかわいこちゃん来ないかね〜」洗い物ゴシゴシ。
すると突然後ろから「すいません。見学ってできますか?」俺「キャーーーッ!なんか独り言聞こえませんでした?」振り返ると名護在住のかわいい娘さん立っていて、母親と近所の神社から初詣の帰りにお立ち寄りでした。
う〜ん、吹いた!
そうそう、その後大阪から家族で来てくれたサリちゃん4歳(仮名)。
ずっとくっついて歩いてくれました。
最後は勝手に背中に飛びついてくれたりとか可愛かった〜。
そんな感じで今年も楽しくスタート開始!どうぞうちにこれまでお越しになった方々が今年も健やかに過ごせますよう祈念して、本年もどうぞよろしくお願い致します!津嘉山酒造所秋村

海の仕事のいいところ

当酒造所にはいろいろな人が見学に訪れて僕の知らない世界の話が聞ける楽しみがある。

沖縄という場所柄、レアな海の防人や海の警察的な人もいらっしゃて興奮する事もある。
あんまり装備とか詳しい訳ではないので初歩的な海上生活話に終始する。
そこで防人も警察も共通するのはゞいチームワーク一歩間違えると大惨事の命がけ9イな人とは離れ離れの期間がちょくちょくあるとかだ。
以上三つを踏まえると当たり前の平和だったり、二人で歩くのが当然だったりがよりありがたく感じるのだそうだ。人に誇っていいところだが普段は職業も隠しがちで暮らしとる。
いいよな〜昔は海上自衛官になりたかった。同僚っつうか仲間っつう熱い環境も良い!
二日前は同期同士の二人と今日は防人の夫婦、どちらも通算三回来てくれたのでこんな内容でお送りしました。
本日は彼らの結婚記念日兼なんと私・杜氏の誕生日で・・あれっ!?ラインが!お誕生日おめでとうございます?
これは今年出来た(仮)女子大生杜氏からのメッセージ!!
この娘も今年一番に津嘉山酒造所をざわつかせた面白い存在。
機会あれば今度当ブログでご紹介します。
本日はここまで

ブログ再開第一弾〜このブログはチャイナガールに捧ぐ〜

この前、可愛らしい現役女子大生が家族・親戚を伴い見学で来場。

「お酒に興味あって来ました。そういえばブログとか数年来更新とかしてないですよね?」
ゲッ!見てくれてる人がいるんだな〜と反省。
そこでこのメールから津嘉山酒造所で毎日起こるハチャメチャなことを伝えて皆様に笑顔と酒造所生活疑似体験をお伝えします。
せっかくだからチャイナガール家族をしょっぱなに。
さてチャイナガールとは言っているが日本生まれの日本育ち。両親は日本で経営者とのことだけどどちらも中国の方。外見は全く日本人な彼女。
来日20年、みんな流ちょうな日本語でこれまで日本社会で苦労して来たのがわかる。
日本社会のいい所悪い所、中国との比較で盛り上がりました。
あれっ?1時間以上話しちゃった?また脱線です・・。
しかしながら話している間、頻繁に家族たちとも目を合わせて話す彼女。
国は違えども家族愛は共通で大切な物とこちらが教えてもらいました。
若者万歳!どうぞこれ読んだらほっこりして浮世をその優しさで切り抜けていっておくれ!とまあ金八譲りのおっさん感覚で第一弾書きましたが、こんな感じでブログ書いていこうかな?
当方、他人様のブログやSNSをチェックしたことないので書き方が不安ですが今後も暇な時あったら書いてきます。って、今日世の中はクリスマスじゃん!ガーーーンッ!暇ッ!

Nagoさくら工芸展盛況のうちに終わる

 去る12月23日、名護市文化協会の有志一同が弊社で工芸展を開催した。

それぞれが持ち寄った芸術的だけど実用的な工芸品を展示販売する格好。
正直、工芸品という地味なキーワードと初めての開催ということで来場者はほとんど来ないかと思いきや、一時溢れんばかりの人混み。いや〜御見それいたしました!
私らは酒造所にも興味を持った人たちに工場案内を繰り返す。う〜ん相乗効果?
とにかく来年も開催しょうかという気運が高まったのでまた実施される時は当ホームページやメール登録者には日時お知らせしますね。
たくさん、センスのいい品物が並んでいましたぜ!まっ、今後もうちの場所を貸すことで地域貢献を続けていきたいです。終わり。

津嘉山酒造所完成そしてブログ再開のご挨拶

実は工事自体は去年の年末にほぼ終えていました。

そして今年の6月30日の落成式をもって昭和3年の建造時に復元した社屋を堂々と皆様にお披露目できるようになりました。
それから数か月、徐々に見学者の方が増えてまいりました。
ほぼ口コミ。リピート客の割合も8割近い。
さてその魅力は単に泡盛工場というカテゴリーを超えた部分にあります。
そこで今まで閉ざしてきたブログを再開して皆様に津嘉山酒造所の風を楽しんでもらう事にしました。
筆者の杜氏は千葉県出身で元普通のサラリーマン。
平均的な内地の男のブログを通して皆様が沖縄のヘンテコな日常を笑って明日への活力になればと願います。
では時々お立ち寄りくださいませ!


ページトップへ